割引制度の適用を受ける

effb4c69eed0b9f00f869596c4538875_m自動車保険には、多様な割引制度があります。上手く利用する事で、保険料が安くなりますので検討してみると良いと思います。まずは、運転者の免責条項です。夫婦が共に30歳以上であれば、30歳未満の免責条項を適用して保険料を安く出来ます。万が一30歳未満の人が運転する場合は注意を促すか、代わりに運転してリスクを回避しましょう。保険契約者の本人以外免責の条件を付ける事も出来ます。これは、本人以外が運転していた事故の際には保険が適用されない為安く出来るのです。一人暮らしで、他に運転する人が居ない場合がつけても構わないでしょう。ただし、他の人が運転する場合は他車運転危険担保特約の契約を持っていないと無保険である事を告知して注意するようにしましょう。家族限定の割引もあります。これは、保険適用が家族が運転していた場合に限られる割引制度で、他人が運転する機会がなければ利用しても良いでしょう。車両保険では、盗難防止装置が装備されていると保険料が割り引かれます。これ以外にも、様々な割引が保険会社毎にあります。保険会社によってはやっていない割引や、割引内容も違う場合がありますので事前に確認しておく必要があります。上手く組み合わせる事で何も知らないよりは、結構な割引になる場合もありますので、自動車保険の契約を検討する際に覚えておきましょう。ただし、等級が進んでしまうと割安感が減るのは等級の割引が強力だからです。それでも効果はありますので、利用した方が良いと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ